FC2ブログ

詩・的・散・文

創作掌編小説・童話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が死んだら海に帰して

「私が死んだら海に帰して。」
妻は、冗談ともつかない笑顔で僕にそう言った。
一回りも年下の若い妻が、僕よりも先に死ぬなんて想像もつかなかった。
僕の死水を取ってくれるんじゃなかったのか。

妻の癌が見つかったときには、もう手遅れで予命1ヶ月という状態だった。
手術も出来ず、抗がん剤でさえも、苦しみを長引かせるだけだという理由で適応されなかった。
そうして、いきなりきた激烈な痛みをモルヒネで抑え、眠り続ける妻の寝顔を呆然と眺めていた。
そうしている間にも、妻の命の砂は僕の指の間から零れ落ちていったのだ。
妻は眠るように35年の生涯を閉じた。

ハナミズキの花が咲き誇る頃に、妻の四十九日が終わった。
僕は、乾ききったキッチンの片隅で、妻の骨壷を抱え、文字通り途方に暮れていた。
日が登り、また沈み、部屋がブルーに染まり始める頃が一番辛い。
僕は、この時間にキッチンで立ち働く妻をほとんど知らない。
どんな姿で、どんな仕草で、どんな気持ちで、僕のための食事を作ってくれたのだろう。
砂を噛むような想いが、ギリギリと胸を締め付ける。

友人がきて、会社の弔問客がきて、親族がきて、僕を代わる代わる慰めたり、激励してくれた。
でも、誰に僕の気持ちがわかると言うのだろう。

僕をそっといておいてくれ。
僕は、ただ妻を失った哀しみに暮れていたいのだ。

真っ青な空が見えた、ある日、窓を開けると風が変わっていた。
(こんな日には妻は海に行きたがった。)
そう思うと、矢も立てもたまらず、妻の骨壷を、生前好んでいたエルメスのスカーフでそっとくるみ、車を出した。
渋滞する高速道路を抜け、よく二人で出かけた小さな湾にたどり着いた。
海は穏やかに凪いでいて、波がちゃぷんちゃぷんと小さな音を立てていた。沖には、いくつも舟影が見え、ウインドサーフィンの帆が白く輝いていた。
(海日和だなあ。なぁ、サキ。)
でも、妻からの返事はない。
僕は、膝を抱えて砂浜に座り込み、エルメスのスカーフで包まれた妻に頬を寄せた。
目を閉じると、まぶたに日差しを感じた。目の裏がほの赤く染まった。生きている僕の血液はぐるぐると回っているのだ。
でも、妻は、サキはもういない。

「・・・サーキ、サキ!」
すぐ後ろで聞こえた、見知らぬ声が僕をぎょっとさせた。
振り返ると、よちよち歩きの女の子を追いかける若い母親がいた。サキと呼ばれた女の子に追いつき、抱き上げた母親のその笑顔には、幸福が満ち溢れていた。
砂浜に座り込んでいた男が突然立ち上がり、自分たちをじっと見つめているのに気がついた、母娘連れは怪訝そうな顔をしながらも会釈をしてくれた。
きっと、僕はその時、真っ青な強ばった表情をしていたと思う。
少し離れたところで、また小さな女の子は遊びはじめた。僕は、その姿を横目で見ると、そっと妻の骨壷をくるんだエルメスのスカーフを開いた。
骨壷が傾き、かすかな音を立てた。
(サキ、さあ、帰ろうか。)
象牙のような色をした小さな欠片を掌にのせると、そっとキスをした。
引いては寄せる波を見ながら、僕は小さくなった妻の欠片を握りしめた。
息を止め、腕を大きく振りあげると、僕は妻を海に帰したのだ。
凪いだ海の表面に、妻の小さな骨の欠片は吸い込まれていった。
波が寄せては返し、妻の欠片をもっともっと小さく削っていくだろう。
そして、この浜の砂の一部になっていく。

もう、僕のところへは戻ってこないんだ。
でも、僕が何度でも会いに来よう、この海に。
サキと呼ばれる小さな女の子も、いつか君のように笑顔の素敵な女性に育つだろう。

僕は、ぶかぶかになってしまったジーンズを引っぱり上げ、尻の砂を払った。
振り返ると、後ろで、サキちゃんと母親が楽しそうに遊んでいる。
(幸せになってくれ。)
心の中でそう呟いた。
僕のサキの代わりに、たくさんたくさん幸せになってくれと、そう願わずにはいられない。

僕は、スカーフの包みをまたしっかり抱えると、何ヶ月かぶりの笑顔で、その二人に頭を下げた。
ぬれた砂に、僕の足跡が一歩一歩、深く刻み込まれていく。





END


スポンサーサイト

« 雨と口紅|Top|嫉妬 »

コメント

すんません、言葉のお局として……。

1.抗がん剤を「適応」は「適用」では?
2.後で出てくる砂浜との関連かと思いますが、「砂を噛む」という慣用句は「無味乾燥、味気ない」という意味なので「砂を噛むような想いが、ギリギリと胸を締め付ける」というのはちょっとミスマッチかな?
3.「矢も立てもたまらず」は「矢ももたまらず」です。

校正経験者の職業病だと思ってお許しを~!

おぉ、有難うございます。
見直しもせずにUPしたので、お恥ずかしい限りです。
2.3.に関しては、書き直しを速やかに行いますです、ハイ。

しかし、薬剤の疾患への使用に関しては「適応」を言う言葉を、日々使っておりますが、一般的ではないのかな?
「適用」という言葉自体、医療業界ではあまり使用しないかも。医療業界、独特のいいまわしなのかな?

すんません、ここら辺は本職から離れられません(笑)

てき‐おう【適応】
[名]スル

1 その場の状態・条件などによくあてはまること。「事態に―した処置」「能力に―した教育」

2 生物が環境に応じて形態や生理的な性質、習性などを長年月の間に適するように変化させる現象。

[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]

とのことですが……「薬を患者に適応する」または「薬を疾患に適応する」というのは医療業界では普通なのかな?
一般人はちょっと馴染まないかも。いっそのこと「処方」「使用」なんかに変えちゃうのも手かもね。

うーーん。
「処方」では全然意味合いが違うんだよねぇ。ex.「これはOPの適応だ。」
ま、一般的な「適応」の意味は、私もわかっているけどね。
「適応症状・疾患」って、「今日の治療薬」でよく一覧に載ってるでしょ?
一般の人でも、医療に興味がある人は、普通に使ってないかな?
最近、玄人顔負けに詳しい人、多いからねぇ。

この言葉を崩して、一般的な言葉に書き換えるかどうかは、悩むところです。

適応……うーん、なるほど。
私なんかは「適応能力がある」「適応障害」というような使い方が一般的かと思っていましたので勉強になりました。
さすがは本職。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

洸

Author:洸
Copyright(C) 2006 洸. Allrights reserved.

≪ 嫉妬 ALL 雨と口紅 ≫

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。